【年越し掃除】線香のカタログを捨てられなかったことで見えてくること

大掃除で見えてくるもの

大切なものだけ残す

年越しへ向けて 今年に溜まった不要な紙類(広告チラシ)を
ガッツリ間引いた
だけど お線香のカタログだけは捨てられなかった

故人を偲び見えてくるもの

生きていて当たり前だった父が
この世から去り
もうすぐ2年が経過する

大切な家族や仲間と触れ合える時間に感謝


生きる時間が長くなればなるほど

お別れする数が増えて行く
このまま時間が止まってしまえば良いと思うけれど
その瞬間も粛々と時間は流れて行く

だからこそ 後悔しないように
大切な家族や仲間には
「ありがとう」と気持ちを伝えよう

あなたにとって健やかな「今」を過ごせますように

未来の先にある死を意識することにより
更に今を大切に扱い
内容の濃い人生を歩んで行けますように

傾奇者も 今を精進します

コメント

タイトルとURLをコピーしました