【金欠】「理不尽我慢で低賃金もらえる労働者」から「賃金上限なく自由に稼げる独立起業」軌道に乗るまでの苦行(うまい話は無い)

Crowded Train

満員電車に我慢して
会社の理不尽に我慢して
会社の人間関係に我慢して
クタクタになり働いて
やっとこさ貰える給料は生活費

社会保険料値上げで
可処分所得は減る一方
賃金は一向に上がらず

年老いたとき
貰える筈の老齢年金も
全くアテにならず

国と会社を諦めても
最期まで自分だけは
諦めずに行きましょう

さぁ 立ち上がろう自分

社会不適合者を叩く日本社会が異常

70/365 Take the Long Way Home.

まず 日本の教育が異常

世界から完全に遅れている黒板型式の授業

「みんな一緒の没個性」「出る杭は打つ」「集団教育」を叩き込まれて育つので

相互監視コピー人間ばかりが量産されているのが現状です

www.kawareru.com

公共の場は歪んだ社会の縮図

小一時間くらい 人間ウォッチングしていると
お腹いっぱいになると同時に 切ない気持ちになります

  • 電車の中で泣き喚く赤ちゃんを一斉に睨みつける
  • ベビーカーを蹴る大人
  • (他人の)赤ちゃんの抱っこ紐を外す大人
  • 相互監視で鬼の首を取るスタンバイ体制
  • 社会に馴染めない人を病気扱いにする
  • みんな我慢してるから お前も我慢しろ
  • 我慢できない人は社会人失格
  • そんな服装では社会人失格
  • もっと身だしなみ整えろ
  • 強い者に弱く 弱い者に強い どうしようもない大人
  • 夏目漱石「坊ちゃん」登場する”赤シャツ”だらけ
  • 働き方に諦めムード
  • “労働者”に密集しすぎ
  • 言葉だけひとり歩き(ワークライフバランス、テレワーク、サテライトオフィス)
  • 世の中 何も変らない (むしろ改悪)
  • 満員電車通勤の無駄を無駄とも思わない

脱労働者スタートは苦行(イマココ)

Ōsaka Japan 日本 2009 B&W — Part I Japanese Railroads  78

無収入の辛さ

会社や事務所に所属せず
個人のチカラで 勝負して行くイバラの道を選んだのは
紛れもなく自分自身です

爆発的な 成功体験があれば良いですが
むしろ 爆発的な失敗だらけなので 笑うしかありません

いまに腐らず
お寺で修行するお坊さんをイメージしながら
日々を積み上げているところです

労働者つながりが疎遠になる

職場の人間関係のパワーバランスについて
アレコレ噂話や愚痴を言い合うのは
時間の無駄と思うようになると同時に
話自体も噛み合わなくなり自然に疎遠になりました

労働者に戻ったほうが良いのか弱気になる

しかしながら ここまで無収入がつづくと
人間弱気になるもので
嗚呼(小銭が欲しいから)労働者に戻ろうかな」と
思うことが正直あります

だけど労働者に戻れない(クビ確率高すぎ)

よくよく考えてみると
損害賠償請求スレスレの危ないことばかり
ヤラかしクビになっているので
労働者には 戻らないほうが良い気がします

新聞配達:寝坊続きで朝刊配達できず
新車陸送運転手:トルコンオイル漏れで(安全な)国道中央分離帯に新車放置し帰宅
新車陸送運転手:徒歩移動中に何故か自動車専用道路に迷い込み手信号で脱出
新車陸送運転手:環状高速道路の出口わからず走り続け途中で新車燃料切れ
新車陸送運転手:新車に自作カセットテープ入れ上機嫌運転テープ抜き忘れ
飲食店A:新メニューを開発し客に提供(饂飩に明石焼をいれ=明石饂飩と命名)
飲食店A:ソフトクリーム@120円なのに@100円で良いですと言って販売
飲食店B:ミスオーダー分食べて良いルールを利用し好きなメニューをミスオーダー
飲食店C:まかない食の喧嘩(お前が食い過ぎ!違う!お前のほうが食い過ぎや!)
楽譜売場:棚卸しのとき高額の楽譜を立ち読み(買えないから)
放送会社:空のターンテーブルに針を落としノイズ放送していたことに気づかず
ピアノ演奏:お客さんにお酒の酌を求められ拒否
専門職A:満員電車がアホらしくなり通勤途中で帰宅
専門職B:客にイラっとすること言われて10倍言い返し上司左遷

苦行脱出できるよう試行錯誤トライ

いままでのキャリアの途上で
少しずつ揃えてきた機材を有効活用しながら
会社や事務所に依存せず
くじけず 情報発信 がんばって行きます

世間でアホ呼ばわりされた ひとりの人間が
どこまで起死回生できるか
身を以て実験しているところです

傾奇者の主宰者が運営する カワレル
いっしょに 元気だして行きましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました