優良キャットフード を見分けるコツ

Rapidash

ネコも大切な家族の一員
いつまでも 愛らしく 長生きして欲しい
健康長寿をサポートする
優良キャットフード選びのポイントを
いっしょに 見ていきましょう

 

たんぱく質メイン ➕ 穀物不使用

Kitty


 “たんぱく質”メインのフードが好ましい
ネコがイエネコになる前は 砂漠で暮らしていました
獲物の たんぱく質(肉や血液)から
エネルギーを補給して生きる 肉食動物
たんぱく質メインのフードが好ましい
ただし 高齢ネコは腎機能が低下するため
たんぱく質の量を減らしたフードに切り替えることが
推奨されている

穀物不使用=グレインフリーが好ましい
ネコは 人間のように 穀物(炭水化物) を必要としません
グレインフリーの穀物とは
概ね 以下の食材を指します
また ネコは 糖類をエネルギー変換する能力がないので  与えないほうが良い   

  • 穀類:小麦・米
  • 穀類:とうもろこし
  • 穀類:イモ類・豆類
  • 糖類:砂糖

ただし、穀物に関しては加熱している場合
問題ないので 一概に穀物NGということではありません

尿疾患を助けるクランベリー配合

ネコの尿疾患は 冬場に発生しやすい
気温が下がり〜運動をせず〜水を飲まない〜オシッコが濃くなる〜ストルバイト結石
クランベリーはストルバイト結石を溶かす働きがある

■ クランベリー(キナ酸):尿を酸性にして、細菌の増殖を抑える(アルカリ性→酸性へ)
ただし、酸性に偏りすぎると
シュウ酸カルシウム結石が発生する場合もあるので

バランスの良い配合であることが重要

心臓と眼をサポートするタウリン配合

タウリンは ネコの体内で合成できない栄養素
魚介類や動物の内臓に含まれている

タウリン(アミノ酸):心臓、肝臓、視力、聴力をサポート

タウリンが不足すると…

  • 目の障害(網膜萎縮)
  • 心臓疾患(拡張型心筋症)

参考文献:飼い主のためのペットフード・ガイドライン(環境省)

ノンオイルコーティング であること

Kitten food
オイルコーティングは ヒトの都合→ネコにとってデメリット
ネコの食いつきが良くなるよう人工的に
オイルを吹き付けるフードが 世の中 多く出回っている

開封し 空気に触れた瞬間から 酸化がはじまるので
酸化防止剤として盛り込まれることが多い
結果的にフードは 油でギトギトになり
ネコの食いつきも悪くなる

また 酸化防止添加物の以下3点は
発がん性があるので要注意
参考:環境省 ペットフード安全法のあらまし

  1. エトキシキン
  2. BHT
  3. BHA

ノンオイルコーティングのフードが好ましい
ノンオイルコーティングという言葉と意識が
未だ 世の中に浸透していないので
発売されている商品選択肢も少ない
ノンオイルコーティングのフードは消費期限が短いけれど
ネコにとって 素材本来の味と香りを楽しめる

4Dミートを見抜く

Stopping in to say Hi


ヒューマングレードが好ましい
ヒューマングレードとは
人間の食品と同じ基準で原材料を選定したフードのこと
ヒューマングレードと謳っておきながら
4Dミート(後述)である可能性もあるので
原材料表記には要チェック

4Dミート避けるべし
4Dミートとは
キャットフードに加工される前の段階で肉の原材料となる動物が
死んでいるか(Dead)
死にかけているか(Dying)
何らかの障害を持っているか(Disabled)
病気であるか(Diseased)のいずれかに該当する肉のこと

4Dミートである可能性のある表記は以下のとおり

  • ミートミール
  • 肉類副産物
  • フェザー(鶏)ミール
  • 家禽ミール
  • 家禽副産物
  • フィッシュミール
  • 魚類副産物
  • チキンミール
  • 鶏副産物

ミール=あらびき粉、つぶし粉(何の肉のどの部位かわからない)
※家禽=食肉や卵、羽毛などの目的のために飼われるとして鳥類(どの部位かわからない)

まとめ

Loki

キャットフード選び5項目

  1. たんぱく質メイン➕穀物不使用(高齢猫は低たんぱくを選ぶべし)
  2. クランベリー配合(与えすぎシュウ酸カルシウム結石に注意)
  3. タウリン配合(心臓と眼を守ろう)
  4. ヒューマングレード(4Dミートの可能性ある曖昧表記を見抜く)
  5. ノンオイルコーティング(発がん性物質のリスクから守る)

国内外のキャットフード各社は 全体的に進化しており
上記1〜4までクリアする会社は多く見られる

更に 厳しく 
上記5 ノンオイルコーティングをクリアしているか否かを
チェックポイントにして
大切な愛猫に相応しい 安心安全なキャットフードを選びましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました